読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

seabook

希望をテーマに心、技、体、情報の4つを記事にしています。

seabook report 38

〜心〜 自分をほめる 何か失敗したりすると落ち込みますよね。 なんでうまくいかなかったんだろう。 どうしてあんなことしたんだろう。 自分を責めてしまいますよね。 でも、友達が落ち込んでいる時にあなたはどんな言葉を投げかけますか? あなたは大丈夫だ…

seabook report 37

〜心〜 すべてのことには もうダメだ・・・ すべてがダメに感じる・・・ 日々過ごしていれば必ず失敗を経験することが誰でもあると思います。 すぐに気持ちを立て直せるようなミスならいいのですが時には何もかも投げ出したくなるような失敗を経験することも…

seabook report 36

〜心〜息を大きく吸い込もう どうしようもない時・・・それはどんな人だって生きていれば何度もあると思います。 そんな時はどうしたらいいだろう? それを考える余裕さえないかもしれない。 自分はもうダメだと思っているかもしれない。 そんな時だからこそ…

seabook report 35

〜心〜 上を向いて歩こう あなたは姿勢はいいですか? 人は落ち込むと下を向きがちで姿勢も悪くなります。 人の感情と行動はとても深く繋がっています。 気分がのらない時や落ち込んでいる時にスキップをしてみてください。 スキップしながら鼻歌を歌うもの…

seabook report 34

〜心〜 好きなウソを信じる 今、何か悩んでいますか? 悩んでいる時は苦しいですよね。 でも悩みって一生なくならないものなんです。子どもの頃は学校のことで悩み 大人になると会社のことで悩み 老後も悩み続ける・・・ でもどうすれば悩みがなくなるか? …

seabook report 33

〜心〜 人は誰でも、何かを売って生きている。 誰かと会う時は、相手への質問を準備しよう。たいていの人はこれと逆のことをする。 質問ではなく自分の話したいことばかり話すのだ。 しかし、誰でも自分自身の話がしたいものである。 インディアナ大学バスケ…

seabook report 32

〜心〜 日々の当たり前に可能性が隠れてる 罪悪感が好きなら、過去に生きるのがいい。 不安が好きなら未来に生きるといい。 幸せを求めるなら、今日という日に意識を集中するのがいい。 人には夢を見て、未来の自分を創造する時間が必要だ。しかし、未来の夢…

seabook report 31

〜心〜 あなただけの儀式を作ろう。 何か1つ行動を起こすと、それが次の行動につながる。 これは宇宙の法則だ。 1度動き出したモノは慣性の法則でずっと動き続ける。 でははじめの一歩はどうすればよいだろうか?それには、自分なりのスタートの儀式を作る…

seabook report 30

〜心〜 あなたが飛び立つために ある小学校の女の子が自分の鼻の頭に油性マジックで大きな黒い染みをつけてしまった。クラスの子どもたちはその子を指差して大笑いし、女の子は恥ずかしさのあまりに泣き出してしまった。 それを見ていた1人のクラスメイトが…

seabook report 29

〜心〜 様子ばかり見ない 全米プロフットボールの強豪サンフランシスコ・フォーティーナイナーズ元ヘッドコーチのビル・ウォルシュは変人だと思われていた。 理由は、試合前のゲームプランが常識外だったからだ。 たいていのコーチは試合の展開と相手の出方…

seabook report 28

〜心〜 画面の向こう側とこちら側。自分はどちらで人生を生きたいだろうか。 テレビを消せば人生を変えることができる。 テレビを見すぎていることを自覚しているのなら、次のことを考えてみよう。 画面の中の登場人物は、決して長時間テレビを眺めず「自分…

seabook report 27

〜心〜 なぜ私の感情は他人の思考で左右されるのか? 多くの人の人生は高校入学頃に変わる。高校生前は、無邪気で好奇心とエネルギーの塊で誰もが夢をたくさん持っていた。 しかし、高校生になってからあることに心が支配されてしまう。あなたは「恥をかかな…

seabook report 26

〜心〜 もし私が何かを望むとしたら・・・ 友達と仲間の違いはなんだろうか。 あなたの友達は本当に友達だろうか。 あなたが「自分を変えたい」 「人生を変えたい」という考えがあって誰かに話をしたとしよう。 もし、反対ばかりするのなら注意が必要だ。 彼…

seabook report 25

〜心〜 まだやっていないだけ バスケットボールをすると多くの人は利き腕だけでドリブルすることがほとんどだ。上達しようと練習している子どもにあるコーチが声をかけた。 「きみはいつも同じ手でドリブルしているね。それだとプレーの幅が狭くなって、相手…

seabook report 24

〜心〜 幸せは目の前に広がっている 同じ景色でも自分の心が変われば違った景色に見える。 僕がハッピーだと周りもハッピーに見える僕が元気でワクワクしているとチャンスがたくさんあるように感じる。 逆に わたしがイライラしていると周りの人もイライラし…

seabook report 23

〜心〜ある小学校の道徳の授業で自分が書いたマンガを配る先生がいます。心がほっこりする先生が書いたマンガをいくつかご紹介します。・心の畑・得意・ココア・一緒にね道徳って大人になっても感じることがありますね(^ ^)〜体〜内蔵脂肪と皮下脂肪ポッコリ…

seabook report 22

〜心〜 一つのことに集中する。 本気で1点に集中をする。 あなたの普段の過ごし方を思い出してみてほしい。 今日の1日を思い返してほしい。 たった1つの事に集中した時間はどれほどあっただろうか? 人は集中しているつもりでも次々に思考しているものだ。 …

seabook report 21

〜心〜生きる道は2つに1つ、自分の夢を実現するか、他人の夢を生きるかだ。人間は、家を建てるように、自分の性格を作り上げる。性格という外壁で、自分の身を世界から守るのだ。そして、自分の性格の囚人となる。しかも、たいていの人は、あまりにも性急に…

seabook report 20

〜心〜みなさんは夢や目標はありますか?思い当たるものがないのなら、何のために日々を過ごしていますか?どうにかしたいけれど・・・毎日忙しくて考える暇がない迷っている等未来がはっきりと見えない人へどんな夢であれ夢を描きそれがある種、自分の人生…

seabook report 19

〜心〜宮本武蔵をマンガにしたバカボンドスラムダンクがヒットしたことが有名な著者ですね。剣における天下無双を目指す主人公の物語ですが心に響くことばがたくさん出てきます。生と死が描かれているからこそ考えされられるのかもしれません。いくつか心に…

seabook report 18

〜心〜心をアツクさせてくれるロックスター達そんなロックスターの皆さんはファッションにもこだわりがあります。彼らのファッションに対する哲学をご紹介・派手過ぎ?ローリングストーンズのミックジャガーさん「派手に見えるかもしれないが、5万人の前でそ…

seabook report 17

〜心〜色んな心の持ち主がいる。色んな生き方の人がいる。例えばこんな人生どうだろう・・・・ありとあらゆる健康に対するアドバイスやってみたら?A.Jジェイコブス雑誌"エスクァイア" 編集長。思想家、職人や社会実験を行う。A.Jジェイコブスさんは様々な健…

seabook report 16

〜心〜努力しない生き方アメリカの3大ネットワークの1つが手掛ける「アメリカズ・ゴット・タレント」で7万5千人の中から日本人初の優勝者の蛯名健一さんhttp://bylines.news.yahoo.co.jp/ohmototakashi/20130919-00028254/会場を圧倒させた彼はどんな心の持…

seabook report 15

〜心〜無一文の億万長者世界的免税グループを創設し巨額の富を手にしたチャック・フィニーさん。80歳になったチャック・フィニー(Chuck Feeney)さんは奥さんと米国サンフランシスコにある狭い賃貸住宅に住んでいる。彼は資本金80億ドルで「大西洋慈善…

seabook report 14

〜心〜5万回斬られた男斬られ役歴55年日本一の斬られ役としてのべ、5万回も斬られた福本清三さん時代劇やヤクザ映画などに登場し、一瞬の出演場面で主人公に殺され消えていく。いわゆる斬られ役の大部屋役者半世紀以上にわたって無数の作品に出演「5万回斬…

seabook report 13

〜心〜80年後の夢ある大学で若者に混じって一人のご年配の方が勉強をしています。村川信勝さん大正2年12月生まれ。現在99歳。平成19年から、桃山学院大学で社会人聴講生として在籍している。教室で背筋をピンと伸ばし、若者を圧倒する熱心さで授業に耳を傾け…

seabook report 12

〜心〜旅と勝負とスマイル世界中でギャンブルをし、旅をしている方をご紹介します。プロギャンブラーのぶきさん17年間、世界82カ国のべ250カ国でカジノをわたり歩き、ポーカーをはじめとする"ギャンブル"で安定的に生計を立ててきました。・25才のとき「休み…

seabook report 11

〜心〜少ないほど豊かである20世紀のモダニズム建築を代表する、ドイツ出身建築家ミース・ファン・デル・ローエさん。彼はLess is more.(少ないほど、豊かである)と提唱しました。彼はどんな心の持ち主なのか?・日本文化に大いに関係があり、省略の美、少…

seabook report 10

〜心〜もふもふモフモフ動物は癒されますよね。関西に動物と触れ合えるお店がいくつかあるのでご紹介します。とりみカフェ ぽこの森【神戸・灘区】【アクセス】・JR灘駅より徒歩7分・阪急 王子公園駅より徒歩3分神戸市灘区城内通3-2-14 スパイスビル1F【営業…

seabook report 9

〜心〜目の前に見える色とりどりの世界でも世の中には目が見えなかったり、色がうまく認識されない人もいます。そんな人達が初めて見えるようになったらどうなるのか??・彼は生まれつき、眼皮膚白皮症という病気にかかっています。2万人に1人がなるとい…

seabook report 8

〜心〜非常口のイラスト緊急の時に誰が見ても出口の方向がイメージできますよね。たまたまジッと見ていてすごく力を感じたので調べて見たら日本人がデザインしていて非常口イラストの世界基準だったことがわかりました。デザインしたのは多摩美術大学の元教…

seabook report 7

〜心〜年齢とは何だろう?彫刻家の平櫛 田中さん彼は人生の最後まで作品創りを続けました。そんな彼の心の言葉をご紹介します。・実践実践また実践。挑戦挑戦また挑戦。修練修練また修練。やってやれないことはない。やらずにできるわけがない。今やらずして…

seabook report 6

〜心〜一日一生一日は一生である。お坊さんや住職さんは修行をします。色んな修行がありますが「全日回峰行」という壮絶な修行があります。その修行とは・・・往復48キロの山道を1000日間、1日も休まず歩き続ける。終盤になるとお堂にこもり9日間飲まず食…

seabook report 5

〜心〜あなたにとって大切なモノは何ですか?清掃員をほとんど無休で30年。ガタロさん、63歳、月給15万。ガタロさんには清掃員以外にもう一つの顔がある。それは画家です。長年共にした掃除道具の彼の絵はとても力強いです。ガタロさんが大切にしている考え…

seabook report 4

〜心〜親切なことをされたり目撃すると心がほっこりしますね。世の中のちょっとした親切な行動をご紹介します。・すでに満員状態で入ってくる電車受験生であろう女子中学生3人が入りきらず半泣きで諦めモードすると入口付近の男子中学生達がぞろぞろと降りだ…

seabook report 3

〜心〜常識とは18歳までに身につけた偏見というコレクションであるアルベルト・アインシュタイン常識があれば色んなに人に嫌われなくて済むかもしれない。でも常識に縛られると挑戦するのが怖くなる。せっかく常識をつけるならみんなを喜ばせ新しい知恵を生…

seabook report 2

~心~ ・春夏秋冬を感じよう。立ち止まって耳をすませよう。神様のヒントはいっぱいあるよ。 年棒2億の一流のメジャーリーガーだけど月8万円車上生活してます。 一流のメジャーリーガーの生活といえば豪邸に住んでかっこいい車になんてイメージありますがダニ…

seabook report 1

~心~・人生のチャンスはあなたのすぐそばにいる。想い続ければ見えてくるものがある。世界で一番貧しい大統領の言葉 世界で一番貧しい大統領と言われるウルグアイ前大統領が日本に初来日しましたね。質素な生活で給料の大半を寄付し国民に愛称ペペと呼ばれ…